Copy
WEBでの表示はこちらから
未来を拓くシュタイナー教育

学校法人シュタイナー学園 ニュースレター
VOL.111 2021.7.21
オイリュトミー授業のめざすところ
― 3・4年生 ―

1~2年生についての記事はこちら
 
3年生
3年生では「古事記」などの神話を題材にしながらも、徐々に空想・ファンタジーの世界から離れ、意図された目的のある練習が始まります。子どもたちは新しいことに次々と挑戦していくことが大好きです。それは「もっと伸びていきたい!」という意志の表れでもあるのです。
 
「私」という個の意識(自我意識)が目覚めはじめ、シュタイナー教育で「9歳の危機」と呼ばれる時期に近づいていきます。それまで自分と一体であると感じていた世界が分離しはじめ、自分の内面と外の世界を分ける境界ができはじめるのです。そんな3年生にとって大切な課題は「交差の動き」です。
 
授業の様子をご紹介します。


1~2年生のオイリュトミーは優しい響きを奏でる楽器だけで行いますが、呼吸器が発達し、大人への意識がより目覚めてくる3年生からはピアノを導入します。初めは静かな響きからだんだんと躍動感のある響きに高まり、曲にあわせて動くことを子どもたちはとても楽しんでいます。「面白い!」という声が聞こえるのもこの頃です。
 
機敏さや集中力を養う練習も始まります。手足を使って様々にバリエーションを変えながら機敏に動き、身体をコントロールしていくことを学びます。
 
他者との関係性もより複雑になってくるので、2年生で練習した「私とあなた」を感じる課題をさらに発展させ人と交差する練習を行います。例えば全員で8の字を教室いっぱいに動く時の交差はとても難しい課題です。
 
お互いが自分の事だけ考えて動くとぶつかってしまう、しかし遠慮するだけでも上手くいかない、勇気をもって相手の間に入っていくことも必要です。初めはぶつかり合いながら、お互い動くなかで程よい距離感を発見していきます。それは人との距離を測る人間関係や社会性を育む基礎となり、「9歳の危機」を超えて行く勇気も育まれます。


4年生
4年生は「子ども時代の中核」とも呼ばれ、学ぶ意欲に溢れています。3年生まではみんな一緒に輪の内側を向いて動いていましたが、4年生になると輪が解かれ、それぞれが「身体は前を向いたまま前後左右に動く」練習が始まります。
 
前を向いたまま動く練習というのは 子ども達にとって新しい世界に歩みだすとも言えるほど大きな変化です。「私」という個の意識(自我意識)がさらに目覚めることで、ひとりで外の世界と向き合う準備が始まります。
 
物事を抽象的に捉える力も育っていることから、動きと文法を関連付けた学びが始まります。 例えば、蜂・花などの名詞や、走る・飛ぶなど動詞の言葉を使いながら、名詞や動詞の約束事を動きを通して学び始めます。
 
算数の授業で分数を習った後、オイリュトミーでも分数の考え方を取り入れた課題を行うことで、頭だけでなく全身で学びを体験していきます。
 
授業の様子をご紹介します。

3年生までは音楽室で練習していましたが、4年生からいよいよ 専用のオイリュトミー室にデビューします。子ども達は憧れを持ってホールに足を踏み入れますが、1ヵ月もすると大きな空間に慣れて動きものびのびとしてきます。そのころから前を向いたまま動く練習が始まります。
 
習得するには時間がかかりますが、まっすぐ前を見て歩く子どもたちは誇らしげです。前後、左右、8の字など様々な動きを集中して学びます。「もう1回やりたい!」と意欲的な声が上がるのもこの頃です。
 
言葉を動くオイリュトミーで、例えば金子みすゞの「蜂と神様」は、こんな言葉で始まります。「蜂はお花のなかに、お花はお庭のなかに、お庭は土塀のなかに…」この時はみんなで輪になり中心からだんだん大きく広がります。少しずつ外の世界に向かって広がる様子は4年生の時期にぴったりです。
 
詩の最後は 「…そうしてそうして神様は小さな蜂のなかに」という言葉で締めくくります。みんなで大きな輪から一気に小さな輪に集中していきます。その時、「自分の中心」を予感し始めたかのような静かな一瞬が訪れます。これから長い年月をかけて子ども達は「自分の内なる中心」を確かなものにしていくことでしょう。

 
次回は5~6年生についてご紹介したいと思います。

ライター/教員 渡辺志保

 
ご 案 内

未来の先生フォーラム2021

2017年度より毎年開催されている日本最大級の教育イベントにシュタイナー学園教員が今年も登壇します。(オンライン講座)

シュタイナー教育が現代の情報技術社会にどう向き合おうとしているかを、実例を交えつつ紹介していきます。シュタイナー教育の方法が、大きな変化を迎えようとしている社会に役立つのか、社会とどんな接点を持てるかを探っていきます。

テーマ:タブレット時代におけるシュタイナー学校の「感覚」教育 〜人間のもつ「12」の感覚
日 時:8月21日(土) 16:00〜17:00

場 所:オンライン
対 象:シュタイナー学園への入学・転入を検討されている保護者、および関心のある方(18歳以上)
参加費:前売券1,000円 当日券1,500円
参加申し込みした方は、本講座以外にも、2日間の様々なオンライン講座を自由に聴講することができます。

未来の先生フォーラム2021 8月21日(土) 詳細・お申込

入学・転入 見学会

シュタイナー学園への入学・転入を検討している保護者向けに、教員が教育内容のご紹介とともに、校舎をご案内します。
同時に、現在小学6年生・中学1年生のお子さまを対象にした体験ツアーを行います。対象学年のお子さまのいるご家庭は、お子さまと一緒にご来校いただけますのでお申し込みください。

日 時:8月28日(土) 10:15~12:15
場 所:シュタイナー学園 名倉校舎
対 象:2022年度1学期からの入学・転入を希望する児童生徒の保護者等
参加費:無料

入学・転入 見学会 8月28日(土) 詳細・お申込

疑問解消!お父さんのためのオンライン座談会

お子さまのシュタイナー学園への入学・転入を考えているけれど、学校生活や保護者活動、通勤事情…いろいろ聞いてみたいことがある!そんなお父さんのために、実際に藤野で暮らす在校生のお父さんとのオンライン座談会を開催いたします。
 
日 時:9月4日(土) 19:30~21:00(延長の可能性あり)
対 象:シュタイナー学園への入学・転入を検討中のご家庭のお父さま

参加費:無料(事前にZoomをダウンロードしていただく必要があります)

疑問解消! お父さんのためのオンライン座談会 9月4日(土) 詳細・お申込
Website
Facebook
Twitter
Instagram
ご意見ご感想などございましたら事務局広報 koho@steiner.ed.jpまでご連絡ください。
購読停止希望のかたはこちらになります。


学校法人シュタイナー学園 事務局広報
〒252-0187 神奈川県相模原市緑区名倉2805-1

 






This email was sent to <<Email Address>>
why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences
学校法人シュタイナー学園 事務局広報 · 神奈川県 · 相模原市緑区, 名倉2805-1 252-0187 · Japan

Email Marketing Powered by Mailchimp